気になるブランド品の原価率

ブランド品というのは一部を除き低下でしか購入することができません。それだからブランドとしての価値を高めることに成功しているという側面もありますが、ブランド品の原価率は実はおどろくほど安いのです。確かに製法もしっかりしていて長く使用することが出来るのがブランドならではでありますが、見る人が見ればブランドイコール良いものという固定観念というのは間違っていることが分かるようであります。まず、ブランド品の中でもしばしば言及されるのがブランドバッグについてです。ブランドバッグを具体例としてみていくことにしましょう。ブランドバッグの原価は、3分の1と見ていて良いでしょう。ブランドというのは付加価値を維持するために生産数の制限を行っていて、毎年市場に出回る数が決まっています。限定品となるとさらに個数が限られ、付加価値を高めるために広告費に掛ける費用は必然的に高くなります。よって原価は必然的に抑えられることになります。