免税店での買い物と関税について

海外で購入した商品を日本に輸入する場合には、必ず関税がかかります。しかし、課税対象額が一万円以下の場合には税金はかかりません。 そして海外に旅行をした際に、免税店でブランド品を購入する方も多いです。日本国内でも購入できるようなブランドの商品をどうして旅行先で購入するのだろうと疑問に思うかもしれませんが、免税店は関税や消費税が免除されていますから、そういった税金のかかっている日本国内のショップでブランド品を購入するよりも安く手にいれる事が出来るのです。これが多くの方が免税店を利用する理由です。 しかし注意しなければならない事もあり、それは課税対象の商品を購入し、課税対象額が上限を超えてしまう事です。税金の計算方法は商品の代金に関税率をかけて算出されます。注意すべき点は、この関税率は商品により異なるという事です。特にブランド品にも多く使用されている、毛皮や革製品の税率が高い為、それらを大量購入してしまうと上限を超える事があります。 海外でそういった商品を購入する際は特に気をつけて税金の計算をしましょう。